夫のうつ病

夫がうつ病の際の接し方に関する記事をまとめてご紹介しております。

夫のうつ病の記事一覧

もし夫がうつになったら

うつ病の原因は何でしょうか。答えははっきりしていません。遺伝が関係しているように思える例もないわけではありませんが、たいていは生活上の種々の経験が大きな要素となっているようです。この病気と診断されるの...

夫がうつになってしまったら

一家の大黒柱である夫がうつになってしまったら、妻はどう接するべきでしょうか。うつには休息がまず必要なので、たいていの場合、仕事は休むか最悪辞めなくてはならなくなってしまい、生活がたちゆかなくなる不安が...

夫がうつになった時にすべきこと

一日中気分がすぐれない、眠れない、食欲がないといった症状が続く場合はうつの可能性があります。現代では統計上100人のうち3人から7人という割合でうつ病の経験者がいると言われています。特に厳しい社会生活...

夫がうつ病と診断されたら

うつ病は、過度な精神的ストレスや身体的ストレスを繰り返し受け続けるうちに、初めは元気であった精神状態が徐々に変調をきたし、「眠れない」、「一日中気分が落ち込んでいる」、「何をしても楽しめない」などの気...

夫がうつになったときは

家族の大黒柱である旦那様がうつになったとき、奥様はその事を責めてはいけません。責められることによって、ますます責任を感じ、うつがひどくなる可能性もあります。会社を休職した場合、日中ずっと自宅にいること...

夫が原因となるうつ病

最近は定年退職を迎えた夫が原因でうつ病や体調が悪くなる妻が増えていることがメディアなどでも取り上げられるようになりました。定年を機に家にいるようになった夫があれこれと妻のすることに口を出すことから妻が...

夫がうつになってしまったら

家族を持つ夫がうつになってしまったら、家族は特に気をつけなければなりません。実際になってしまった本人よりも家族の方が大変です。がんばってほしいけれども、がんばってという言葉がプレッシャーになりかねない...

うつ症状患者夫の場合

夫がうつ症状になった場合、専門の医療機関で診察するとよいです。専門の医師の方が一人ひとりにあった治療をしてくれます。専門の医師の方に任せておけば、治療からアフターフォローまでしてくれるので便利です。簡...

夫や妻がうつ病になってしまった時について

現代の日本では、うつ病で悩む人はとても多いと言われています。自分の家族がうつになる可能性もあるのです。自分の夫や妻がうつと診断された時、支えてあげられるのはパートナーだけなのです。もし自分の夫や妻が、...

夫の鬱病の治療について

職場のストレスが原因で、夫は鬱病になります。長時間労働や人間関係などうつを引き起こす原因が日常でもあります。少しでも病気を防ぐには、定期的に休息を取る必要があります。休息を取ることで病気も防ぐことがで...

鬱病の夫と家族の苦難

鬱病を発祥すると何事にも興味が湧かなくなります。あらゆる物事との接触をさけ、ひたすら膝を抱えてじっとしていたいような状態が鬱状態です。認知能力は低下していますし、目の前の活字もイメージがそこにあるのは...

夫が鬱病になった時間

今は、夫の鬱病は完治しています。いえ、完治していると信じています。夫が鬱病を発症した時、子どもたちは、小学1年と中学1年でした。仕事は、休職しました。代わりに妻の私がパートで働くことにしました。鬱病で...

夫が鬱病となった場合の対応

家庭内で一番鬱病となるのは、夫などの責任ある立場の人がほとんどです。夫となると家族を守る立場と、会社内の立場など、重要な立場を複数持っています。そのため、会社内で失敗したり、嫌なことがある場合に、スト...

鬱病の夫との付き合い方

鬱病とは、まず身体に力が入らなくなって外に出られなくなって眠れなくなります。そんなふうに夫がなったら、責めてはいけないのです。そして、鬱病の夫に、頑張れという言葉は禁句なのです。まずは、病気の治療は心...

鬱病の夫への接し方「どうして『頑張れ』と言ってはいけないのか」

鬱病の方に、よく「『頑張れ』と言ってはいけない」と言われます。しかし、鬱病の家族をもつ方にとっては、本人のことを大切に思っているからこそ、また本人が「できる。乗り越えられる」と思っているからこそ「頑張...

夫が鬱病にかかったとき、妻はどう接するべきか

一家を支える夫が鬱病にかかり、悩んでいる家族は多いはずだ。特に妻は、どう接してどう支えていくべきか常に悩んでいるだろう。 非常に難しい病気である鬱病は、「心の風邪」と表現されたり、「怠け病」という誤...

働く夫の事例

システム開発の責任者を任されたTさんの場合 Tさんがうつ病で悩み始めたのは、2年間の関連企業への出向を終えて、本社に戻った直後のことでした。 管理職として、システム開発の責任者を任されたのです...

人との接し方の他のカテゴリー

うつ病チェック

ページトップ