統合失調症

統合失調症(うつ病の種類)に関する記事をまとめてご紹介しております。

統合失調症の記事一覧

統合失調症の方に対しての関わり

統合失調症はかつて、精神分裂病と呼ばれていました。思春期から青年期にかけて発症する場合が多いと聞きます。要するに多感な時期ということなのでしょうか。人により症状は様々で、幻覚や幻聴が常に見られる方もい...

統合失調症はいまは珍しい病気ではありません

統合失調症はいまは珍しい病気ではありません。100人に1人が発病しています。しかし、いまでは薬物療法によって普通の生活が可能になりました。ちなみにこの病気を発病した場合は、定期的な病院への通院が必要で...

うつ病と統合失調症の違い

統合失調症には陽性症状と陰性症状があります。幻覚や幻聴が見えている状況だったら分かりやすいのですが、ただ異様にやる気がなくなるという症状も統合失調症のうちに入ります。このやる気がなくなる方が陰性症状と...

統合失調症の症状・分類・予後

統合失調症は、精神疾患の中でも比較的患者数が多く、かつては精神分裂病と呼ばれていました。日本における患者数は約80万人です。発症率は人口のおよそ1%になります。統合失調症の症状は特徴としては、幻聴・幻...

うつ症状に似た統合失調症

うつの症状に似た症状のあるものに統合失調症というものがある。うつ症状にもにたような症状があるので、どちらの症状においても判断を誤る場合が多いという。これは、病名を見ると統合することを失調しているという...

統合失調症の症状の例

統合失調症の症状は、周囲の人にひどい戸惑いを覚えさせるものとなることがあります。例えば、うつ病と似たような症状が出て、他人を避け、自分の部屋に引きこもるようになってしまうことがあります。そして、何ヶ月...

統合失調症の症状と原因

統合失調症はうつ病とは異なる病気です。しかし、うつ病のように、ふさぎ込んで他人を避けるようになったりする症状が現れることはあります。統合失調症の代表的な症状は幻覚、妄想などです。昔は精神分裂病と呼ばれ...

統合失調症

統合失調症 統合失調症ではその始まりの時期や慢性期にうつ状態となります。特に初期の段階でうつ病がどうかを判断するのは大変難しいとされています。 発症する年代としては、30代、あるいは中年以降と...

うつ病の種類の他のカテゴリー

うつ病チェック

ページトップ