認知症とうつ病

認知症(うつ病の種類)に関する記事をまとめてご紹介しております。

認知症とうつ病の記事一覧

認知症の初期症状と初老期うつ病

認知症の初期症状と初老期のうつ病とでは症状が似ていることもあり診断が難しい場合があります。軽いうつ病だと思って病院を受診せずにいると認知症が進行してしまい、いざ病院に行った時にはかなり認知面の機能低下...

高齢者のうつ病は、認知症と間違えられられやすい

身近にいる高齢の方が、もの忘れが多くなったり、身なりに無頓着になったりする。今日の日付もわからないなどの症状があると、まず疑われるのが認知症でしょう。しかしこのような症状は認知症だけではなく、うつ病に...

認知症と併発するうつ病について

脳の委縮により機能が減退していく認知症は高齢者により多く見られる症状ですが、うつ病も併発しているケースも数多く見られます。高齢者のうつ病の症状は認知症と類似しているために、医療関係者でも見落としてしま...

認知症を疑う時には、同時にうつ病の診断も

今や日本人の平均寿命は男性で約79歳、女性では85歳といわれています。いわゆる『高齢化社会』になった今、同時に増えてきた病の一つに『認知症』があります。認知症とは読んで字のごとく、今まで普通にできてい...

うつ病と認知症の関係について

うつ病の主な症状は、ボウッとしていることが多く口数が少なかったりします。 嬉しいとか喜ぶといった感情表現もあまりなく、認知症の初期症状にも似ていると言われています。 これらの事実を認識し、最近出てきた...

うつ病と認知症の違いについて知ろう

うつ病は若い世代から年配の方まで幅広い世代でかかる病気となっています。気分の落ち込みが激しくなったりなど様々な変化が出てきますが、それぞれの症状に合った治療を行えばかなり改善することもできます。もしか...

うつ病と認知症の違いとは

うつ病と認知症は似たような症状を示すことがあります。記憶力の低下や判断力が低下する点です。ですから自己診断で自分がうつ病かと思ったら、実際は認知症だったということもあります。ただ認知症とうつ病で大きく...

認知症

認知症 老人のうつと認知症は症状がよく似ているために誤解を受けやすいです。 老人のうつと認知症に共通している症状のひとつが被害妄想です。物盗られ妄想と呼ぶこともあることからわかるように、ものを...

うつ病の種類の他のカテゴリー

うつ病チェック

ページトップ