通院/入院治療

うつ病の入院治療に関しての記事をまとめてご紹介しております。

通院/入院治療の記事一覧

精神科にかかり治療を受ける必要がある『うつ』

現代社会はストレス社会と言われています。職場も最低限の人員で仕事を回していますので、たくさんの仕事を任されることになります。ストレスが解消しきれずに、溜め込んでしまうことがあると辛い気分になります。こ...

陰鬱な気分が続く時には病院で相談しましょう

陰鬱な気分になる時は、誰にでもあることでしょう。気分がすぐれないまま放置していると、深刻な病気に繋がる場合があります。長く気分が塞がったままであるなら、心療内科を受診するようにしましょう。病院では親身...

鬱な気持ちが二週間以上続いたら、心療内科をお勧めいたします。

誰しもが、人間関係や仕事の失敗などで疲れてしまい、落ち込んでしまったり鬱な気分になったりしたことはあると思います。通常であれば、少し休んで好きなことをしたり、信頼の置ける友人や家族に、相談すればそれら...

うつ病と入院と退院と

重度のうつ病となると、入退院を繰り返すことがしばしば見られる。入院によって症状を回復した患者が、退院後再度症状を悪化させ、場合によっては入院前よりも更に悪い状態となって、再入院となる。そういった患者は...

うつ病と入院-開放病棟と閉鎖病棟

うつ病を始めとする精神疾患患者の入院する病棟には「開放病棟」と「閉鎖病棟」の2種類があります。開放病棟は他の傷病と同様に患者や面会者が自由に病棟を出入りできる病棟です。閉鎖病棟は病棟の出入り口にカギが...

うつ病患者の入院生活

精神科病棟に入院しているうつ病患者について。精神科病棟では、退院し社会復帰のための支援をする役割を担っている。社会に出て、仕事や趣味など生活できるようになることが、精神科の回復病棟の目標でもある。その...

うつで入院したときの気をつけること

うつで入院するということは、すでに自分がすでに弱っているという状態で、食事が自分でとれないとか食欲がない、身の回りが困難になってきている、疲労状態で睡眠が浅い、睡眠が深く取れないなどの状態で、とにかく...

うつによる入院についての選択肢

うつと診断された場合、自宅療養のほかに、症状の酷い場合は入院をしなければならない場合があります。しかし、今は、入院という方法のほかに、ストレスケア病棟への入所という、入院と療養の中間のような方法での治...

重度のうつ病は入院して治すべき

うつ病により精神状態が安定しなくなってくると落ち込むだけではなく、イライラしたり、落ち着きが無くなったりと症状は様々である。重度のうつ病の患者は、1人にしておくと何をするか分からないのでとても危険であ...

うつでの入院が必要な場合と入院の種類

うつ病で入院が必要な場合はどんなときかというと、自殺する危険性がある場合、自宅で生活がまともにできないほどうつの症状が強い場合、外来の治療では限界がある場合、うつ病が慢性化してしまっている場合等が挙げ...

うつ病による入院のメリット、デメリット

うつ病は重症化すると、入院を検討したほうがいい場合があります。うつ病は周りの環境により発症することが多いです。そのような環境から早く離れることにより、早期治療をすることができます。また、入院中は医師が...

入院してうつ病を治そう

うつ病も病気なので、他の病気と同様、入院して治療した方が効果が良い場合もあるでしょう。たとえば、治療が長引いて、なかなか治らない場合や、日常生活に支障をきたしている場合などがあり、また、自殺願望や現在...

うつ病の治療方法の他のカテゴリー

うつ病チェック

ページトップ