うつ病とその原因とは

うつ病とは、脳内のセロトニンが減少して意欲が低下する病気のことをいいます。うつ状態になっている人が見ている世界は健常者のそれとは違います。うつ病になると2週間以上継続して憂うつな気分が続きます。まず物事の認知が違うので、気の持ちようでは気分は晴れません。同じ世界を鮮やかで楽しいと感じる人がいる一方で、世界が灰色で色を失ったように見えるからです。

うつ病の原因にはストレスがあります。ストレスの原因となるストレッサーには、気温などの物理的なストレッサーや人間関係などの精神的なストレッサーがあります。精神的なストレスには近しい人との死別や別れ、人間関係のもつれなどがあり、時には昇進も原因になります。本来持っている性格も発症のしやすさに関わります。このようにうつ病は様々な要因が重なって発症する病気です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ