うつ病とストレスの関係

うつ病は現代をとりまく危険な病の一つです。原因については、代表的なものが環境の変化と人間関係の変化があげられています。環境の変化とは、転勤であったり、配偶者を亡くすなどがあげられます。これらは急に起こるものになります。そして人間関係の変化においては、職場の人間関係、友人関係など仕事をしていなくても起こるものなのです。

特にうつ病になりやすいタイプと言われているのが、真面目な人です。周囲の期待に応えようと必死になったり、責任感が強いと過度なストレスを感じていたりしてしまうのです。うつ病にならないためにも、ストレスを感じたら発散する、発散方法を自分で見つけておくといいでしょう。また、一人にならないで誰かに相談するのも大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ