うつ病の原因とその性格

うつ病の主な原因となっているのは、人間関係だと言われています。本人とその周りの関係者には、微妙な価値観のずれや環境の変化や病気などのが重なり、心的ストレスなどによって引き起こされています。同じ家庭や職場などの環境にいると必ずと言っていいほど人間関係は生まれてきます。そこに問題があるときに感情的になったり、抱え込んでしまうとうつ病にかかるリスクが高くなってきます。


うつ病になりやすい人・性格などは50年前以上からわかっています。それは、真面目な人間ほどなりやすいと言われています。義務感や責任感が強く、几帳面で、仕事熱心な人のことです。仕事の面で例えると、仕事は完ぺきにこなしたい、自分自身が納得いくまで追及するため、時間を忘れて仕事に没頭してしまい、人間関係に溝が生まれて、ストレスに気づかずにうつ病になっている場合が多いのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ