うつ病の原因とは何か

近年、うつ病の患者が増えてきています。これは、ストレスが多い現代社会だからだとも言われています。環境の変化や残業、休みがない、不安感、緊張、睡眠不足なども原因とされ 自分に身に覚えがなくても、少しずつ体はストレスを溜め込んできているのです。ですので、うつ病は珍しい病気ではなく、誰もが掛かりうる病気でもあるわけです。


うつ病が悪化してしまうと、考えるの力が低下してしまい 仕事でのミスが増えて自分をせめて自信喪失に陥ったり、急に悲しい気持ちになり涙が止まらなくなる、または何も思っていなくても何故か涙が溢れ出してきてしまう。更に悪化してしまうと、自傷行為を繰り返す、自分の殻に閉じこもり 誰との接触を避ける、最悪死に至るケースも考えられます。うつ病は誰もがなる恐れがあるものですが、本当に怖い病気なのです。些細な事でも構わないので、悪化する前に心療内科を受診してみるのも良いかと思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ