うつ病の原因と人間関係

うつ病の原因を知ることは治すためには必ず必要となってきます。ですから、まずは原因を知り、そのあとに対処方法を考えることが必要でしょう。原因としては難しく言うと、気分などの情報をコントロールするセロトニン、ノルアドレナリンが低下して起こります。この情報伝達物質が低下すると脳内の情報伝達がうまくいかなくなり、うつ病を発症してしましまいます。


情報伝達物質を低下してしまう理由としては、多くは過度のストレスが引き金となってきます。ストレスを溜めてしまう理由として最も多いのは、人間関係です。仕事などで周りの人間関係が変化した場合や環境の変化がストレスを溜めてしまう要因です。その他にも失恋や家に閉じこもっていることが多い場合にストレスが多く発生してしまいます。うつ病の原因は様々ですが、ストレスがうつ病を最も誘発していると言えるでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ