うつ病の原因は脳の神経細胞

うつ病は強いストレスを受け続けることが原因で起こる事が多い。ストレスの原因は怪我や病気などの物理的なものよりも近年では人間関係などの精神的なストレスによるものが増えている。その事から、うつ病は心の病気だと言われている。しかし、心の病気であるとは言っても、ストレスによりダメージを受けているのは脳であり、実際は脳の神経細胞に関係する病気と言った方が正確である。


具体的に言うと脳の神経細胞間での情報が上手く伝達出来なくなってしまうのである。神経細胞のシナプスという所から出る神経伝達物質が減少してしまうとやる気が減ってしまいうつ状態になってしまうのである。うつ病の薬物療法というのは、薬の力を使い脳内の神経伝達が上手く行くように改善していこうという治療法である。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ