うつ病は性格や生活環境の変化が原因になることもあります

私の周りでも、うつ病になった人の話がよく出ます。なぜ、うつ病になるのでしょうか。原因はストレス過多によって、脳内の神経細胞が傷ついてしまうからなのです。そのため、神経細胞組織は貧弱で痩せているため、情報を伝えるための電気信号が途切れてしまい、情報伝達に支障が起きて、正常な精神機能を阻害してしまうのです。そのために、イライラしたり、怒りっぽくなる、不安、無気力、落ち込む、悲しくなるというマイナス思考が強くなってしまうのです。


そして、うつ病になりやすい人というのもあるのです。責任感が強い人、几帳面、完璧主義、正義感が強い、緊張しやすい、悲観的などが挙げられますが、つまり心が疲れやすいタイプに多いのです。そして、発症の原因には、身近な人の死、離婚、リストラ、病気などが原因の人もいます。周りの人が少しでもおかしいと感じたら、早めに病院を受診をすすめた方がいいです。治療は長期になるかもしれませんがあきらめることなく、必ず治ると強い意志をもって、気長に治療吸するという気持ちで通院してください。きっと治ります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ