ストレス症状からうつ病に

ストレスから解消されず、どんどんストレスが溜まってしまう人もいます。そのことでうつ病になる人もいます。症状としては、苦しいほどの落ち込みや、イライラ感や、不眠、夜中によく目が覚めてしまうといった様々な症状が出ます。性格的な要因もありますが、生活環境の変化からうつ病になる人もいます。そのことからストレスを侮ってはいけません。


うつ病は自分で感じる気持ちの変化だけでなく、周囲から見てわかる症状もあるのです。例えば、表情が暗い、反応が遅い、落ち着かない、涙もろくなったという変化があります。そして身体に出る変化には食欲がない、体がだるい、または疲れやすい、頭痛などがあります。原因には様々なことがありますが、まずはその原因を取り除くことが1番です。しかし、取り除くことは大変なことかもしれません。そうゆう時には、薬の処方での治療もありますし、何か変化に気がついたら早めに受診したほうがいいです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ