メカニズム

私たちの脳の中は、神経が網目のように張り巡らされています。感情や思考、意欲などは、その神経の働きで生まれてきます。
うつ病の症状は、このような感情や思考、意欲などの機能に障害があるとみられるところから、脳の活動になんらかの不具合が起こっていると考えられています。
中でも神経伝達物質との関係が強く影響しているという説が有力です。
脳の中の神経といっても、それは一本ずつ長く続いているものではなく、神経細胞が連結してできています。
しかも連結部分はくっついているのではなく、シナプス間隙と呼ばれるすき間があります。

情報を伝達するときには、そのすき間にある情報伝達物質が働くことで、神経細胞から次の神経細胞へと、スムーズに伝わっていくのです。
神経伝達物質というのは、神経細胞の末端からシナプス間隙に放出され、次の神経細胞にある受容体に刺激を与えることで、情報の伝達を行う化学物質のことです。この神経伝達物質はさまざまなものが発見されています。

たとえば、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコニンなどです。それぞれが異なる情報を運ぶ役目をになっているのです。うつ状態やうつ病は、セロトニンとノルアドレナリンが不足したり、その働きが低下したために、脳内の情報伝達がうまくいかずに起きてしまうと考えられています。

「セロトニン」は、
脳内をはじめ、消化管や血小板など体内に広く公布しています。脳内では体温調節、睡眠、感情、記憶、食欲などの機能に関与しているといわれます。
「ノルアドレナリン」は
副腎から分泌される交感神経系の物質で、心拍を促進して血圧を上げる働きなどがあります。
ストレスと関係が深く、危険を感じたときなどは交感神経の働きを高め、不安や恐怖などの精神状態を引き起こすとされています。


現に、うつ病の治療に使われる抗うつ薬は、シナプス間隙におけるそれらの濃度を高める作用をするものです。
次の神経細胞へ伝達する役目を終えたセロトニンやノルアドレナリンは、またシナプス間隙に放出され、元の神経細胞に吸収されます。
これを再取り込みといいますが、抗うつ薬はその再取り込みを抑えることで、シナプス間隙におけるセロトニンやノルアドレナリンの濃度を高める作用をするわけです。
ただし、うつ病と脳内におけるメカニズムについてはまだまだわからないことも多く、今後の研究の成果が待たれるところです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ