不眠症

不眠症からくる「うつ」

不眠症に悩んでいる日本人は今や国民の21.4%に達しているといわれています。

・「寝床に入っても眠れない(入眠障害)」
・「寝ている途中で目覚める(中途覚醒)」
・「朝早く目覚めてしまう(早朝覚醒)」
・「十分寝ても疲れが残る(熟眠障害)」


といった症状が特徴です。

高齢者ほど不眠症の比率は高く、女性の方が男性よりも多いとされ、深夜勤務する人や、夜型で生活する人が増えたことで、生活リズムが乱れ、正常な眠気が起きにくい人が増えたと言われています。
不眠症と混同されがちなのが「睡眠不足」です。圧倒的に若い人に多く見られる症状です。忙しいために睡眠時間を十分に取れず、昼間に眠くなったり、作業効率が落ちたりしますが、布団に入っても眠れないといった問題は少ないとされています。この睡眠不足は睡眠時間さえ確保すれば問題は解決します。

不眠症で注意しなければならないのは、「不眠症はうつ病のシグナル」ということです。
不眠症の人は一般人に比べてうつ病になるリスクが2.1~3.0倍という研究結果があります。
また、うつ病の人は、うつ病が治ったとしても、不眠症が残っている場合、うつ病を再発しやすいこともわかってきています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ