出産

産後うつとマタニティーブルー

一般に、男性よりも女性のほうがうつになりやすいといわれます。出産や更年期にうつ病が見られることから、エストロゲン(女性ホルモン)が関係しているのではないかといわれます。

たとえば、出産をすると急激にホルモンのバランスが崩れたり、閉経によって更年期障害などが起こったりします。こうした時期に女性がうつ病になりやすいところからホルモンが影響しているのではないかと推測されるのです。
お産をしたあと、数週間たってうつ病になる人がいます。これを産褥期(さんじょくき)うつ病(産後うつ病)といいます。これは出産後1~2週間から数か月の間に以下のような症状を発症することが多いといわれます。

・抑うつ気分
・不眠
・不安
・いらいら
・意欲の低下
・思考力や集中力の低下
・自責の念を抱く
・死を考える


典型的なうつ病の症状とほとんど変わりません。

加えて、今後の子育てに関する不安が非常に強くなり、また自分を責める傾向も強くなります。逆に、自分の子どもに無関心になるケースもときには見られます。この他に見られる症状としては、幻覚や妄想が起こったり、精神錯乱状態になることもあります。
この産褥期うつ病とよく似た症状を示すものに「マタニティーブルー」といわれるタイプがあります。

産褥期うつ病で最も注意するべきなのは、やはり自殺です。今後の子育てに不安を感じて、赤ちゃんを道連れにしてしまうケースもありますので、十分に気をつけなければいけません。
現状では、産後うつについて産婦人科の医の多くが精通していないため、見過ごされてしまう場合もあります。
マタニティーブルーは、主に一過性のもので、出産後2~10日で症状が出て、数日から2週間くらいで自然と消えていきます。症状としては、軽いうつ状態になるほかに、涙もろくなる、逆に気分が高揚したり、落ち使いがなくなる、不安が強くなるなどがあります。ただ、これらの症状はうつ病の前兆であることもあるので、きちんと見極める必要があります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ