失恋するとうつ病になりやすいタイプ

恋人に依存してしまう人の場合、相手がいることで生きていられるというくらいに相手なしでは生きていくことができないような心理状態になってしまっていることもあり、その相手にとってはそれが重たくなってしまうこともあるのでその相手に振られてしまったりして失恋をしてしまうことがあると生きがいを失うことになります。


そうすると精神的に病んでしまい、うつ病になりやすかったりするのですが、うつ病にならないためには恋人に依存しすぎないことが大切なのですが、本人にとっては恋人だけに依存するのではなくて、もっとほかに生きがいを見つけるなどをして恋愛だけをすべてにしてしまうことがないようにすることが重要だったりするのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ