失恋とうつ症状との関係

失恋が心に大きな隙間を生じさせてしまうことは、言うまでもない。恋人と離れることによって、今まであった心のよりどころをなくしてしまう。大きな喪失感から、泣いたり、寂しがったりを繰り返しているうちに、こんなことをしている自分は不要な人間なのではないかと考えて、うつうつとした気分を生み出してしまう。「どうして、なぜ」と思いながら、最終的にはいつも自分が悪いと言う考えに終わってしまう。


こうしたことから、いつでも自分は不要な存在なのではないかと言う考えが頭をよぎり、いつでも緊張状態に陥って、いつもは失敗しないような事でもミスをしてしまう。そして、これを繰り返してしまう。頭では分かっているのに失敗してしまうことで、心だけではなく、身体も動かなくなってくるようになる。失恋は心も失ってしまうため、どんな人でもうつ症状が出る可能性が考えられる。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ