妊娠してマタニティーブルーだと思っていたらうつ病でした

昔から妊娠・出産後の女性が、気分が沈むことや訳もなく悲しくなる症状をマタニティブルーと呼んで、時間が経てば元に戻る一過性の症状のように捉えられてきました。 しかし、マタニティブルーだからと辛い気持ちの症状を我慢している女性の中には、マタニティブルーでは済まない「産熟うつ病」を発症している可能性があるのです。


このうつ病の原因は、妊娠・出産によるホルモンの変調などが引き金になっている場合があります。また、初めての出産・育児で過度のストレスや不安も原因の一因です。それらの原因が、人間の脳の中にある楽しさや安心感を感じる機能を阻害し、その状態が続く事で自力では回復できない状態にまで悪化してしまうのです。 適切な診断と投薬などで、この辛い症状は取り除くことが出来ます。もし、今の自分の症状がうつ病かも、と思われたら早めの受診をお勧めします。早ければ早いほど、その辛さから早く解放されるのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ