妊娠とうつ病について

マタニティブルーという言葉があるように、妊娠中に女性が軽度のうつ病を感じることは少なくはありません。これは時期的な場合が多く、長くても2週間くらいで落ち着いてくるものです。なのでむやみに思いつめたりせず、誰にでもあることだと自分で受け止める必要があります。これが引き起こされる原因は女性ホルモンの変化や母親になるという不安感によるものとされています。


それではうつ病にならないためにはどうしたらいいのかというと、これは誰にでも起きることであり、時間が必ず解決してくれるものであるということをきちんと理解し、思いつめてはいけないことです。例えば、しっかりと休んだり、誰かと話をしたりするなど気分転換をしてみることも大切です。もちろん、長期に渡ったり、酷くなった場合には、通っている病院の先生や専門としている方に相談してみましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ