妊娠中にうつ病にならないために必要なこと。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、以前よりもストレスを感じやすくなったり、悲観的になってしまったりと色々な変化が起こります。そのような変化のなかで、うつ病になってしまう女性の方も少なくないといいます。体の変化だけではなく心の変化も大きいのです。妊娠中にうつ病にならないためには何が大切なのか、本人ももちろん周りの人も理解することが大切でしょう。


まず本人が気をつけることは、なにもかも一人で抱え込まないことやストレスの発散をうまくやることです。お腹の赤ちゃんのためにも、ひとりでしんどいときは周りの人に頼りましょう。そして体と相談して無理しない程度に運動したり、時間がある今だからこそできる趣味を見つけたりしてうまくストレスを発散することが大切です。妊娠中の辛さは経験した人しかなかなかわからないこともありますが、妊婦さんにとって特に身近である家族の人は少しでも理解ができるよう知識を得る努力が必要です。そうした気遣いや心遣いが、妊娠中にうつ病にならないためにも大きな影響を与えると思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ