妊娠中のうつ病の症状

妊娠中から産後にかけての軽度のうつ病のことをマタニティーブルーといいます。耳にしたことがある方も多いでしょう。原因として考えられるのは、妊娠に伴って女性ホルモンのバランスが崩れるため、体に様々な変化が現れたり、精神的にも不安定になってしまうことがあげられます。また、母親になることへの不安で動揺してしまうことも原因のひとつです。家族に心身症にかかったことがある人がいたり、日常生活でストレスを感じやすく溜め込みやすい、また妊娠合併症の疑いがある、赤ちゃんに対する不安が大きい方は妊娠中にうつ病になりやすくなります。


症状としては涙もろくなったり、いつもイライラしたり、無気力で気分が落ち込んだり、疲労感が続くなどがあげられます。また眠れないなどもあります。これらは少なからず誰にでも起こりうる症状で、多くの場合は2週間くらいで元通りになるものです。バランスの良い食事や適度な運動を心がけ、誰かと会話をする時間を増やしたり、外出するなど気持ちを外に向け、しっかり休むこと。それでも症状が改善しなかったり悪化するようなら、医師に相談するなどしてサポートしてもらいましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ