子育て中に発症するうつ病について

うつ病というのは、「心の風邪」とも言われるように、いつ何時誰がかかってもおかしくない病である。しかし、風邪とは異なり、環境や年齢、生活状況などに応じてかかりやすい場合というのがはっきりしている場合がある。その一つとして揚げられるものに、子育て中の場合がある。子育て中の、特に母親はうつ病を患う場合が多いのである。


そこでなぜ、子育て中の母親がうつ病にかかりやすいのかを検証してみよう。日本では子育ては母親が中心となることが多い。「男は外で働き、女は家で家庭を守る」という考えが未だに根付いているのである。そこで、母親が一人で悩みを抱えてしまいがちになるのである。その悩みを一人で抱え続け、その果てにうつ病を患ってしまうことが多いのである。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ