更年期にみられるうつ病の原因

更年期の女性の特徴として、身体的には性ホルモンの分泌が減少し閉経を迎え、顔面紅潮、めまい、頭痛などの症状が起こってくる。心理的に問題となっていることの一つとして、子供が成人して、自立していくことによって、自分の巣がからっぽになってしまったと感じる、「空の巣症候群」というものでがある。これらは、悲哀感と、憂うつ感に襲われやすく、うつ病の原因となっている。


この「空の巣症候群」は、自分が生み、育てた子供が自立し、立派に生きていくことこそが親の目的であることを理解し、喜びを感じられたときに、乗り越えることができるといわれている。人生の大きな変化を受け入れ、自分の過去をもう一度振り返り、新しい自分を発見することこそが課題である。新しい趣味を見つけたり、子供との関わり方を見つめなおすことで、克服できると考えられる。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ