更年期障害によるうつ病

女性は閉経が近づくとホルモンのバランスが乱れて生理不順になる場合があります。二か月以上生理がなかったり、一か月に二回も生理が来たり、経血の量が多かったり症状は様々です。元々、月経前症候群の症状が顕著だった人は、更年期障害も辛いと思います。特に生理前の気分の落ち込みが激しい場合、うつ病を発症する懸念があります。


更年期が原因だった場合は、精神科よりまず婦人科で受診することが大切です。また、そこまで症状が重くない時は、薬局で命の母など市販薬を購入する方法もあります。ただし、命の母は便秘になりやすいので、便秘がちな人は注意が必要です。この市販薬でうつの症状が軽減する場合があります。女性なら誰しも通る道だと、気楽に構える姿勢も大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ