男の更年期とうつ病の関係

女に閉経前後に更年期障害があるように、男にも似た時期に発病する更年期障害があります。ちょうど50歳すぎるころから体にホルモンの変調がおきはじめ、それも影響して、仕事がうまくはかどらなかったり、考え方に柔軟性がなくなったりおこりっぽくなったり、何をやってもうまくいかない、自分はダメな人間だと考えるようになったら、立派なうつ病です。


けれども、更年期のうつ病は病院に通って、適正な薬をきちんと飲むと治ります。本人をがんばらせないことも大切ですから家族の言葉かけには注意が必要です。ひきこもりになって会社に出社したくないと言ったら無理に行かせないことです。自発的にやる気を出すまで待ってあげることです。その間、家族は大変だと思いますが、温かく見守る必要があります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ