育児でうつ病になることもあります

マタニティブルーという言葉がありますが、本当に大変なのは産んでからです。こどもを産めば、女はいやでも母親になります。育児は、テキスト通りにいくものではありません。こどもの発育は個人差が大きいです。また、1人目であれば、正常児であっても心配なものが、奇形児や障害児など、異常が発見されたら、なお落ち込みます。


現代は核家族になって、手助けをするお年寄りがそばにいません。そうすると、このような落ち込んだ母親を救う手だてがありません。思い通りにいかないことの積み重ねが引き金になって、子どもを虐待してしまうことも起こるのです。母親が不安定なうつ病状態になれば、こどもも連鎖反応を起こします。そうするとなお一層、母親への反動もきて悪循環になります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ