うつ病の代表的な症状

自分に近い存在の人がうつ病になった、あるいは自分がうつ病になったかもしれないと判断する一つの兆しがあります。それは、自分が今まで趣味としてきたことや喜びを感じてきたことに、以前までのような興味や喜びを感じられなくなることです。グルメでおいしいものを食べることが大好きだった人が、急にふさぎこんで何を食べてもたいして何とも思わないというような状態です。


もし自分の親しい人にこのような症状が現れたら話を聞いてやり、必要であれば心療内科に通わせましょう。心療内科ではカウンセリングによる心のケアと、必要であれば抗鬱薬による投薬治療をしてくれます。抗鬱薬によってふさぎこんだ気持ちが晴れるだけで、うつ病当事者は非常に楽になることができます。まずは心療内科へ行きましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ