うつ病の代表的症状とは~睡眠障害について~

うつ病の症状は様々ですが、代表的症状として、睡眠障害が挙げられます。寝られない、寝つきが悪くなる、夜中目が覚めて寝られない、朝早く目が覚める。そういったことから疲れが取れず、日中の寝るべきでない時間帯に眠気に襲われることがあります。そして次第に社会的に不適合となってくる場合が良くあるのです。最終的には仕事ができなくなります。


これを解消するためには、心療内科に通うことです。心療内科に通い、睡眠障害の対策として睡眠導入剤とカフェインをもらいましょう。そして寝る前には睡眠導入剤を服用して良く眠り、もし日中眠くなればカフェインを飲めば目が覚めます。これによって睡眠障害による社会的不適合さは取り除かれ、少なくともうつ病の加速の心配はなくなります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ