うつ病の精神障害について

うつ病の代表的症状として、精神運動の障害が現れます。このことによって、うつ病になる前と比べて、明らかに行動が遅くなったり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります。ですからなんだかおかしいなと、すぐに気付くことができます。こう言った変化が現れた人が周りにいれば、すぐにでも心療内科への通院をすすめてください。

逆に、焦燥感に悩まされ、その焦燥感のために忙しく動き回ったり、イライラとしたり、落ち着きのなくなることもあります。焦燥感に悩まされた人はその焦燥感に駆られてよくしゃべったりするので、周りからは元気に見えるため、うつ病だと気づかれることがあまりありません。これらが精神障害の二通りの症状です。これらの症状が現れた時には注意が必要です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ