うつ病の終着点はどこか

うつ病には不安、憂うつ、根拠のない罪悪感、無気力などの症状があらわれますが、これらの感情が積み重なると、最終的に死への憧憬が生まれます。精神が押しつぶされる辛さというのは、味わった者にしか分かりません。肉体的苦痛よりも辛いかもしれません。激しい運動をしたのでもないのに息が荒くなり、その場に座り込んで頭を抱え、なにをどうしたらいいかわけが分からなくなります。


そして、その辛さから逃れるためには「死」しかないと思いつめるのです。拷問を受けた者が肉体的苦痛から逃れるために死を懇願することがありますが、それ同様に、精神的苦痛から逃れるために死を懇願するのです。そして自殺へと奔ってしまいます。このような辛さから逃れるには、死ぬ以外には、心療内科で診察を受け、抗うつ薬を処方してもらうことです。死んでしまってはどうしようもありません。心療内科にすぐに通い、辛さから解放されましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ