うつ病は、だれでもかかる可能性のある病気です

うつ病は、精神科領域の中でかかる人がとても多い病気です。他の精神疾患と合併していることも多くあります。うつ病は、特別な病気ではなく誰にでもかかる可能性があります。特に几帳面で完璧主義の人がなりやすいと言われています。このような傾向の人は、特に注意が必要です。しかし、これに当てはまらないと思っても多大なストレスによってうつ病にかかる可能性は誰にでもあると思っていて良いでしょう。

うつ病にかからないようにするには、ストレスをためないことです。今の世の中でストレスを受けずに生活することは不可能です。しかし、多大なストレスをため込まないこと、ストレスをうけてもそれをうまく解消いていくことこの2つがとても大切です。自分は、何でストレス解消ができるのかを知っているといいと思います。好きなこと、楽しいこと、落ち着くことであれば何でもよいのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ