なぜうつ病の人が増えているのだろうか

最近うつ病の人が増えているのは一体何故なのだろうか。うつ病になる人の年齢層は様々であり、学生、主婦、サラリーマンなど職業も色々である。まあ、ストレスや不安は年齢や職業にかかわらず誰もが抱えているものであるが、しかし、それは今に始まったものではない。私の父や祖父の時代も同じように苦しい想いをした人はたくさん居たと思う。では、何故うつ病は最近になり増え始めたのだろうか。

最近の若者はきれやすいとよくテレビで言われている。また、将来に希望を抱けない若者が増えており、就職難等から若くして生活保護を受ける人も多い。そういった社会背景も要因なのかもしれないが、基本的にネガティブ思考の人が増えているように思う。そして、それがうつ病の増加の原因であると私は考える。私の父の時代は高度経済成長期であり、時代が上向きだったので、ポジティブ思考の人が多かったのではないだろうか。社会の低迷は人々にとって一番の不安であり、それが心の病を生み出しているように私は感じる。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥
  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ