外出について

外出したいうつ、外出したくないうつ


うつ病の症状は主にやる気がない、体がだるいなどの症状です。希望を持つことができない、食欲がない、頭痛などうつの症状は多岐に渡っていますが総合して言えることは周囲から見ても、本人の感覚としても『生気がないような状態』ということです。

生気がない状態では外に出ることは難しいのでうつ病の方は外出をしないと思われがちです。確かにうつ病の方には外出を嫌がる方もいます。
外出することによって極度のストレスを抱えてしまうため、外に出たがりません。
ですがうつ病だからと言って外出できないというわけではありません。うつ病でも外出したいときというものはあります。

例えばうつ病の回復期にはもうすぐ社会復帰が出来るくらいです。この回復期に入る頃になると自分から外出したいと言い出す方も少なくはありません。

また、うつ病ではなく躁うつ病が隠れていると躁状態になったときに異様なほど外出をするという場合があります。外出をするだけではなく金遣いが荒くなるなどうつ病からの回復と呼ぶにはあまりにもハイな状態が続いていれば周囲が病院と連絡を取ることも必要となります。外出したいうつ病にしても外出したくないうつ病にしても重要なのは気持ちを汲むことです。うつ病だから病院にだけ行って他は外出しなければ早く治るというものでもありません。患者本人がストレスを感じにくい形で外出できればそれがベストです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ