経済支援制度

うつ病になると経済面の不安は尽きませんが、それをカバーしてくれる公的支援制度は多いので上手に活用しましょう。
うつ病の治療は、通院や服薬が長期間にわたることが多く、医療費は相当な金額になります。
この悩みを軽減してくれるのが自立支援医療費制度です。
申請によって保険診療の医療費(薬剤費を含む)が通常なら3割負担のところを1割負担に軽減されます。

「働けない」はうつ病の典型的な症状ですが、休職時の所得をカバーしてくれる制度がある。傷病手当金は休職時の所得補償制度です。
受給できる金額は休職前の月収の約6割で、休職期間中、最大1年6ヶ月間支給されます。

審査のハードルも低く、利用しやすいですが、残念ながら公務員や企業の健康保険組合員のための制度なので、自営業やフリーランスなど国民保険の加入者はもらえません。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ