【体験談】「プチうつ」という夫

「うつ」というと良いイメージがありませんが、今の世の中切っても切り離せない病気だと思います。私の夫は真面目な性格で、手抜きがあまりできない人です。数年前になりますが、職場の環境が変わり、不慣れな仕事が続くようになると、次第に毎日疲れた顔をして帰宅するようになりました。以前は職場のことはあまり話さない夫でしたが、家に帰ると職場の不満を口にするようになりました。その都度きちんと話を聞き、不満に思っていることを一緒に考えていくようになりました。しかし、疲れた様子は変わらず、体調もベストではない日が多かったように思います。そんな様子から「うつ」になりかけているのかも知れないと思い、本人に聞いてみたことがあります。その時の夫の答えは「もうなってるよ、でもプチうつだけど」という答えでした。
私の場合はこの段階で聞けて良かったなと思います。実際、我が家は元々会話が多い方でしたので、結局は今まで通りにしていたわけです。会社へ行きたくないという日も時々ありましたが、「一度休むと癖になってしまう」と自ら気合を入れて出社していました。幸いにも夫は多趣味なので、そこでストレスを一時は発散できているようです。ストレスを感じない職場なんてありえないと思いますが、そのストレスを少しでも軽くできるように、家庭内での会話も大切ですし、趣味があるということも大切だと思います。とにかくまずは話を親身になって聞いてあげること、そしてストレスの原因になっている場所から、少しでも離れる時間を作ることが改善に繋がるのではないかと思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ