【体験談】うつ病になった父への接し方

父がうつ病になってしまったのですが、変に励ます様な言葉を言ってしまうとプレッシャーになってしまうので、うつ病だと診断されてからはゆっくり休むようにと声をかける、といったような接し方をこころがけています。また、「朝会ったら挨拶する」など、自然体の、さりげない接触なども意識して行っています。そのほうがうつ病にかかった後の父親との関係も築きやすかったです。
父は真面目で頑張り屋な性格が災いし、仕事で頑張りすぎてしまい、ノイローゼ気味になってしまったので、見かねた家族が精神科に連れていくと、うつ病だと発覚しました。仕事も少し休ませてもらうことにしたのですが、プレッシャーを感じやすいところがあったのでそれがプラスに出て、以前より回復傾向にあります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ