【体験談】うつ病にならない為に家族と助け合う

現在私は2人の息子と暮らしている。2人ともまだ小さく、正直手がかかる。日々子育てに追われるうち、体のだるさが抜けず、神経内科を受診したところ、軽度のうつと診断。これではまずい、家族に迷惑がかかると思い、なるべく色々なことを先立って心配しないことにした。私が倒れると、家族の世話をする人がいない。考えていないつもりでも、やはり心の片隅に常に緊張がある。うつになるとなかなか治らないという。
私は出産前まで整体師として勤務していた。そこには時々うつの方も来院した。正直、うつでない人との差がよくわからない方もいたが、それぞれ悩みを抱え、やはり家族に迷惑をかけたくないと涙ながらに話した方もいた。外傷のように見た目でわからないので、なかなか理解してもらえないかもしれない。しかし、家族の助け合いで少しでも早く心が軽くなればいいと思う。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ