【体験談】家族が支えとなり鬱から立ち直る

私は三年前に鬱を発症しました。原因は仕事によるストレスです。私は地元を離れて大学に進学するために一人暮らしをしていました。卒業後も地元に帰ることなく就職して働いていたのですが、働き始めて五年経過した時に、上司から多くの仕事を押し付けられ、終いには関係ない業務の責任を負わされたことがストレスとなり、鬱になってしまったのです。
とりあえず病院に通い、抗うつ薬で治療を行っていたのですが、改善の兆しはありませんでした。そこで、先生から家族と一緒に生活てみてはと提案され、親に相談したところ、親はすぐに引越しの手配を行って、実家で療養を始めることになりました。家族と暮らすことで、私は次第に喋れるようになり、現在は働けるまでに回復しました。家族には本当に感謝しています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ