【体験談】家族でうつの対する知識

私の母は病気で左半身付随になった際、うつになってしまいました。身体が思いのままに動かないもどかしさと、先行きの見えない不安に彼女の心への負担はとても重かったのだと思います。また、彼女は47歳というう若さで左半身不随になったことで、周りの同年代との関わり旅行や外食、アクティブな活動が困難になり非常に精神的なダメージが大きかったのだと思います。
母が、うつになって家族は非常に接することに戸惑いを持ちました。どのような会話や声掛けをしたらよいのか不安でたまりませんでした。そういった家族の不安が余計に母への負担へとつながり悪化するばかりでした。しかし、主治医との相談することと、うつに関する知識とにかく学び母の全てを受け入れたときに一筋の光が見えました。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ