【体験談】鬱病の夫を支えて乗り越える

現在、私の夫は鬱病から立ち直り以前と変わらない生活を行っています。夫が鬱病を発症したのは、三十代後半の時です。普段は結構喋るのですが、一週間程あまり会話がなかったのです。もちろん私の方からは話しかけていましたが、夫の方からは話しかけることはほとんどありません。そしてある平日の出勤日、布団から起きられなくなってしまったのです。
その時原因は分からなかったので、会社には風邪ということで休暇を取りましたが、翌日になっても起きられないのです。話を聞いてみると、会社に行くまでの道中で、非常に気分が悪くなることが多かったようです。これは精神的なものと考えたので、精神科を受診したところ、鬱病と診断されました。それから一年間通院や薬で治療を行ったところ、何とか以前の元気だった夫の姿に戻りました。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ