うつを改善する家族の理解

うつと診断されたら、まず本人の自覚と家族の理解が必要です。本人が「弱いから」等ではなく、うつ症状を起こす要因があるはずです。自分で「病気なんだ」と自覚し、恥ずかしがらず、病院に行き、納得するまで話を聞き、決して、自分が弱いから、などと思わずに、受け入れることが大切です。よく言われることですが「うつは心の風邪」というのは甘すぎます。風邪どころか、とても危険な肺炎です。
自身で自覚したら、次は家族です。うつは周りに理解されないと、とても治りづらいものです。主治医に会って話してもらうのが最善でしょう。家族が理解してくれれば、症状が改善するスピードが全然違います。逆に、理解がなければ症状がひどくなることもあります。家族が積極的に病院に行き、現状の説明を受けるなど、支え、心配、愛情などを感じることも、患者さんをラクにする要素になります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ