うつ患者の接し方の基本

うつ患者は心の病気と言われるぐらい心が弱っている状態の事だと理解しています。現在の若者から中年に多い病気でそれはストレス社会が抱えた大きな問題だと思います。また体の四肢に異常があるわけではないので周りの人間に理解されにくい難しい病気です。周りの人間からしたらサボっている、弱い、気が小さいなど誤解を招く事もあるかと思います。


事実、身近な人間がうつに罹ってしまった場合、どのように接したら良いのか。本当はとても単純なことだったんだと気づかされました。話していることをまず認めてあげるその上でこうしたら良いのではと提案するというのが良いと思います。この方法は実は子供に躾をして育てるのと同じ方法なのです。本当は人間みんな大人も子供も相手の気持ちを考えて優しく声を掛けることが出来たならばもって患者の数は減っていたのではないでしょうか。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ