うつ病と仕事について

一般的な企業において、うつ病で長期休みを余儀なくされることはよくあることです。各企業も会社の中にメンタルヘルス相談窓口を設置したり、うつ病社員の統計を取り管理をしていき、未然に防ぐという対策を取ろうとしている傾向が最近は強くなってきています。でも、本当の意味で仕事が影響していると思われるうつ病を防ごうとしている企業が多いとは思えません。

仕事においてはもちろん実務的なこともありますが、会社を取り巻くの人間関係の影響も多大なものがあるでしょう。まずは、そういった職場の環境を改善していくことが一番大切になります。それには、一個人の行動では解決は出来ず、外部の利害関係の無い専門家の介入が不可欠です。本気で改善に取り組むのであればそこまで踏み込んだ積極的な行動が経営者に求められます。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ