うつ病の患者への接し方

うつ病の回復には、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けることと、じゅうぶんな休息をとることが何よりも大切ですが、家族をはじめとした周囲の人の接し方も重要な意味を持ってきます。うつ病患者への接し方として、安易な励ましが禁物であることはよく知られていますが、気分転換と称した無理な外出の誘いも控えるようにしたいものです。
周囲の人にできる最善のケアは、本人の話にじっくりと耳を傾けることですが、その際に心がけたいのは、話を聞く側が過度に感情的にならないようにすることです。悲観的な言動や自暴自棄な態度も、うつ病の症状のひとつだと理解して接することが大切です。深刻に受け止めすぎるあまり説教を始めたり、振り回されて共倒れになったりすることのないように気をつけましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ