うつ病の方への接し方

うつ病とは気分障害の一種で、抑鬱気分や不安、焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患です。また珍しい病気ではなく、誰でもかかる可能性のある病気です。特に、真面目で能力があり責任感の強い人や、物事を順調に、完璧に成し遂げようと考えるタイプの人がかかりやすいと言われています。もし、あなたの大切な人や家族がうつになってしまったら、どのような接し方を心がければ良いのでしょうか。
まずは「うつ病」とはどういう病気なのかを知ることが大切です。病気を理解した上で、相手の話をよく聞き、共感的に接する事が大切です。
うつ病の方への接し方で気をつけたいのが「叱咤激励」をしないことです。落ち込んでいる人に「頑張れ」という言葉をつい使ってしまうかもしれませんが、この言葉は逆に相手の重荷になってしまいます。休養を取るようにすすめることも大切です。周りのすべきことは優しく気長に見守ること、そして本人をゆっくり休ませてあげ、安心を与えてあげることです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ