うつ病患者との正しい接し方

うつ病患者を家族に持つ方はその症状や病気そのものについてよく理解していないと間違った接し方をしてしまい症状が改善されないことはおろか、最悪の場合悪化させてしまうケースがあります。何も知らない状況で近親者にうつの症状が現れてきた時には誰でもどうしたら良いのか分からなくなるものです。うつ病の患者と接するのに一番重要なのが良い意味であまり励まさない、見守る、そして無理強いをしないという事が重要になります。

うつの方によく、頑張れ、と励ましの言葉をかけることがあります。しかしこの頑張れという言葉は逆に重荷になってしまいます。うつ病の多くが頑張って頑張って、それでもどうすることも出来ない状況になったときに現れてきます。うつの方にとって頑張れという言葉は、これ以上どうしろというのか、といった感情を与えてしまいます。また何事にも無気力になることから、気分転換のために何かをやらせようとする事もあります。しかし本人が何かをやろうとするまで決して無理強いをさせてはいけません。周りの人に必要なのは、ただ優しく気長に見守る事、そして本人をゆっくりと休ませてあげ安心を与えてあげる事が改善に必要な接し方となります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ