うつ病患者を不安にさせないためには

例えば自分の恋人や親しい友人がうつ病と診断された場合。うつ病患者を不安にさせないために、どのような接し方をすればよいのか。正常な人にとっては小さなことでも、うつ病患者にとっては何気ない言葉一つで、心にとても大きいダメージを受けてしまったりすることもある。その結果、知らず知らずのうちに相手を追い詰めてしまっていた、なんてこともあるだろう。

うつ病患者は、常に不安を抱えているもの。例えば、何気なくかけた「頑張って」という言葉で、「自分は頑張っているのに、なぜ頑張ってと言われなければいけないのか」と、より症状を悪化させてしまうこともある。相手を応援したい気持ちはあるだろうが、相手が不安や心配事を誰かに話したいときに、そばにいて話を聞いてあげるだけで、気持ちに余裕ができるのではないだろうか。「何かを言ってあげる」ことより、「そばにいてあげる」ことが大事なのではないだろうか。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ