ご家族がうつ病になったら

うつ病を患っている方は少なくありません。ご家族の中に、そのような兆候の見られる方がいらっしゃるでしょうか。では、この病を本当に患っているのか、どうすれば分かるでしょうか。この症状としては、気分の激しい浮き沈み、自分を孤立させること、ほとんど何にも興味がなくなること、食事や睡眠の習慣の著しい変化、自分には価値がないという強い気持ち、理由もなく罪悪感にさいなまれること、などが見られます。もちろん、大抵の人はたまにこうした状態を経験することがあるでしょう。しかし、うつ病とは、一時的に憂うつな気持ちになる場合とは異なり、障害となるほどに症状が重く、しばしば日常生活に支障をきたすものです。もし、このような症状が何週間も続いているようなら、医師の診察を受けてみることをお勧めいたします。
この病気には、症状の種類や程度に応じて、幾つかの治療法があります。家庭医の診察で効果が得られる場合もあれば、より専門的な治療を必要とする人もいます。医師は抗うつ薬を処方することもあれば、他の方法を勧めるかもしれません。ハーブ療法、食事の改善、適切な指導のもとに行なう運動などで良い結果を得た人もいます。もしご家族がこの病気で治療が必要だと診断されたとしても、それを恥ずかしく思う必要はありません。家族からの忍耐強い支えがあれば、このような障害もきっと乗り越えられることでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ