夫がうつになった時にすべきこと

一日中気分がすぐれない、眠れない、食欲がないといった症状が続く場合はうつの可能性があります。現代では統計上100人のうち3人から7人という割合でうつ病の経験者がいると言われています。特に厳しい社会生活を送る男性は過労やパワハラなど常にストレスにさらされています。家庭を守らなければならないという思いから、そういったストレスを抱え込んで悪化するケースもあります。
万一、夫がうつになった場合、まずすべきことは病院に行くことです。治療を早めに始めることによって回復が早いと言われており、専門機関で適切なカウンセリングを受けることが必要です。また、夫を支えるということは家族にとっても大きな心の負担になりますので一人で背負い込まないことが大切です。看病する側の心のケアにも配慮する必要があります。うつは心の風邪とも言われるほど一般的にも知られるようになりました。甘えと言って軽視せず速やかに診察を受けることが克服への近道なのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ