夫が鬱病になった時間

今は、夫の鬱病は完治しています。いえ、完治していると信じています。夫が鬱病を発症した時、子どもたちは、小学1年と中学1年でした。仕事は、休職しました。代わりに妻の私がパートで働くことにしました。鬱病である夫のこころは不安定になりますが、それを見ている感じている子どもたち、そして私の心もとても不安になりました。
精神科の病気は、本当に辛いです。目には見えない、検査の数値でもわかりません。毎日、夫が家にいる。月日だけが無情に流れていく感覚で過ごしていました。子どもたちは、自宅に友達を連れてこなくなりました。私は、パートから正社員になることを考えました。家族の様々な日常を変えていきました。鬱病は、家族を巻き込みます。病院は、患者だけでなく家族のこころのケアも同時にしてほしいと願います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ